虎臥山~竹田城跡~

久しぶりの登山記録です。
右膝の不具合からしばらく登山を控えていたのですが、ここ半年あまりの筋力トレーニングで(←ただのおうちエクササイズですがw)、かなり良くなってきたので、ハイキング程度の登山を楽しんできました♪

なんとか、まだ息子も付いて来ますが、もう来年は無理かな~中学生だしっ

今回も、100名城巡りを兼ねての登山です。

兵庫県の虎臥山(とらふすやま)の山頂に残る天空の城、日本のマチュ・ピチュとも云われる竹田城跡を目指しました。

353.7mの標高ですが、途中“山城の郷”までは車で行けますし、そこからバスも出ていて中腹まで送迎してくれますので、実際の登山は20~30分程度。

整備された林道で、植物も多く、散策を楽しみながらゆっくり登れるので、リハビリには丁度よかったです。

ホオノキ:Magnolia hypoleocaの香りの良い大きな花の見頃は終っていましたが、タニウツギ:Weigela hortensisや野アザミ:Cirsium japonicumの桃花が満開です。

そして何よりコガクウツギ:Hydrangea luteovenosaの爽やかな甘い香りを楽しみながらの登山は、素晴らしいひとときでした。

全く科目も違うけど、ウツギって名前の植物って本当にたくさんありますね。

茎の中が空洞なら なんでも空木(ウツギ)って付けたのでしょうね。

でも、そうやってひとつひとつの植物をしっかり観て、触れて、感じ考察しながら生きていた古人は私達現代人なんかよりも ずっとずっと植物を身近に感じ共存していたのだな、なんてぼんやり考えていると もう山頂に着いちゃいました。

羽柴秀吉が落城した後に赤松広秀により築かれた曲輪は、およそ400年前のほぼ築城時のまま残っており見事です。

しかしその後広秀は、徳川家康に放火の罪として切腹を言い渡され、竹田城も廃城となってしまいました。

この壮大な石垣の上に立つお城、さぞ見事だったでしょうね。

うぅ~ん、お目にかかりたかったものです。

そして、下山後は、竹田駅周辺を散策しました。

古い城下町が残り、観光化でお店もたくさん出来、とても楽しめました。

ドッグ同伴のカフェや旅館もあり、ワンコに優しい町でもあります。チャイ(我が家の愛犬)も連れてくれば良かったかな~

汗だくだったので、冷たい台湾スイーツも 美味しくいただきました♪

   

毎度のこと、どこでも息子は水遊びに夢中になります。

なんか悪だくみ中。。。(-_-メ)

実は、幻想的な雲海でも有名な竹田城。

雲海を見たい方は 11月の早朝がおすすめです。

【虎臥山~竹田城跡~】

所在地:兵庫県朝来市和田山町竹田

標高:353.7m

所要時間:「山城の郷」からバスで10分、下車後徒歩20~30分で山頂

観覧料:¥500(中学生以下無料)

歴史:1431年 山名氏により構築着手

   1585年~数年かけて赤松氏により今の姿に築城

   1600年 関ヶ原の戦いの後、廃城となる

スポンサーリンク
Googl