赤ピーマン石けんのリバッチ

やってもーたー!><

農園の夏の名残りの大切な赤ピーマンを石けんに♪

のはずが…

久しぶりの大量Batchで アルコールの抜きが甘かった。

攪拌数秒でボテボテになってしまったザラザラな石けん生地を

無理やり型に押し込んでそれっぽく撫で付ける。

それでもなんとかお願い!と、神頼みで可愛く飾ってみた赤ピーマンも虚しく

予想通りの結末に…

でも、大切な自然の恵みだもの 無駄にはしないぞーっ

石けんてね、失敗しても結構なんとでもなるのです。

もちろん、方法はきちんと考える必要があるけどね。

今回は、赤ピーマンの色素の特徴と用いた精油の蒸気圧を考慮して、低めのホットプロセス法でのリバッチに決定。赤ピーマンで良かった~

石けんをザクザク刻み、少しの塩水を足して蓋をして湯煎。 

想いを込めてじっくり丁寧にリバッチ。

しっかりジェル化もさせて型入れ…

ほらね♪

赤ピーマンはちゃんと石けんになれました。^^