時短透明石けんと甘麹

ぐんと冷え込んできましたが

まだ透明石けんも作っております。

あっという間に出来る時短透明石けんですが、

外せないポイントもいくつかありますよ。

え、そんなことが?!

って所が、私的には一番大事だったりします。(笑)

ひとつひとつの作業を丁寧に気を配れば、

白い膜もほぼ出ずに ロスの無い透明石けんになりますし、

徐々に曇って行くというドキドキした時を過ごす事もありません。

ブルーの色付けがなんとも涼しげというか….

ちょっと寒い。(笑)

Lessonでは、私の手持ちのお鍋での 透明石けんの作り方をお伝えしましたが、
保温鍋でも同じように作ることが出来ます。

というかそちらがメジャー!

我が家はよくある多重構造のステンレスのお鍋ですが、ちょっと工夫すれば綺麗な透明石けんが出来ます。

今回は何故かそのお鍋に興味を持って下さる方もいらして、お鍋の実演販売ばりにお鍋トークに花が咲いてしまい、

「このお鍋が欲しい!」

とおっしゃる始末。。。何のLessonやねん?!

もちろん私はお鍋会社からの紹介料は頂いておりません。(笑)

結構お高いお鍋なので、ご購入はご家族によ~く相談して下さいね。透明石けん用なら保温鍋の方が安いですから~

そして、こちらもそのお鍋で作った赤米の甘麹。

実家で採れたキウイ・イチジク・柿などの旬の果物に ヨーグルトやグラノーラと共に たっぷり添えて頂くのが毎朝のお愉しみ♬

色々なお米で作れますが、

せっかくなので 冬のLessonでお伝えしている赤米で仕込みました。

温度に少し気を配れば あとは放ったらかしで半日で出来るっ!

てところがズボラ~な私にぴったりだな。

お砂糖の代わりにお料理やお菓子作りに使ったりと、甘麹は色々使えますね。お湯で割った甘酒は息子も大好きです。

あ、

そうそう

覗いているこの子も 

手づくり甘酒が大好きです。^^