スペシャリティ珈琲生豆と焙煎器のある暮らし

色々と深みにはまる私ですが、実は珈琲インストラクター資格を持つほどの珈琲好きです。きっかけは幼いころに食べたライオネスコーヒーキャンディの香り(笑)。以来、長い長い珈琲沼にハマり続けています。気持ちの切り替えとなる薬理作用やスッキリと味わい深い苦味成分は元より、何といっても他に類のない香り・珈琲という面白い植物学・個性的で可愛らしい生豆のフォルムが大好きです。
昔、珈琲沼に夫婦ではまっていた時は(主人は私がハメましたがw)全国各地の美味しい珈琲をたくさん飲み比べたものでした。そして珈琲関連の本を読みあさり、珈琲教室へも沢山参加し、珈琲道具をあれこれ試したり、珈琲のさまざまな淹れ方を研究したり…と、いつしかどんどん深みにはまり、結局今も尚抜け出せないまま、尽きない魅力を楽しんでいます。
珈琲豆の成分性については、とかくカフェインにばかり注目されてしまいますが、現在では珈琲の成分研究もかなり進み、カフェイン・クロロゲン酸・アスパラギン酸・香気成分の薬効の高さが認められるようになりました。

ではなぜ自家焙煎珈琲なのかというと、経験や学びから行きついた美味しく身体に良い珈琲に最も大切なのは「新鮮で良い生豆を使うこと」に尽きるからです。少し乱暴にいうなら、プロ焙煎機やロースター技術が無くても豆さえ新鮮で良ければ素人の手煎り焙煎で美味しく身体に良い珈琲が頂けるからです。生鮮食品とも言われる珈琲の酸化スピードはとっても速いです。珈琲生豆に含まれる油分の半分は熱に弱く酸化し易い不安定なリノール酸であり、生豆を高温で加熱し水分率が下がる焙煎作業により急速な酸化の条件が揃ってしまいます。焙煎した瞬間から劣化が始まるといえるデリケートな食品だからこそ、そもそもの焙煎前の鮮度と焙煎直後の扱い方で食味・香り・身体への作用が大きく変わってきます。自家焙煎なら自分で新鮮で良い生豆を選べて焙煎後の管理にも目が行き届きます。自家焙煎といっても大層なことではなく数分間生豆を焙煎器で煎るだけで出来上がるとっても簡単な手仕事です。さらにこの数分がなかなか奥深くて愉しいひとときなのです。同じように焙煎したつもりでもその日の気温や湿度で毎回微妙に仕上がりが違ったりするところは、あくなき探求心をくすぐる石けん作りと通ずるところがあります。また焙煎時にパチパチと焚火のような音ではぜる生豆と、漂う香ばしい香気はキャンプ遊びのようにわくわくします。

そしてなぜスペシャリティ珈琲生豆なのかというと、毎日のように私たちが頂いている珈琲の生産地では、不安定な経済状態による貧困問題があります。大規模なプランテーション栽培を行う大手コーヒーメーカーの大規模農園と違い、スペシャリティ珈琲を生産する農園は小規模なコミニティであり、市場変動・高地栽培・温暖化による気候の変動・高額な中間搾取などにより経済状態が不安定なため、多くの農家が貧しい暮らしをしています。スペシャリティ珈琲は品質が良いほど高く買い取ってもらえるので農家の方は少しでも暮らしを良くしようと日々努力しています。私たちがそんな小規模農園が生産するスペシャリティ珈琲を毎日飲むことで珈琲農家の経済支援やその家族・子供たちの笑顔に繋がります。だからこそスペシャリティ珈琲生豆を選んで頂きたいのです。

Mauruuru fareでは世界中の小規模農園で丁寧に生産されたスペシャリティ珈琲生豆のみを取り扱っています。色も大きさも香りも違う様々な国の小さな珈琲生豆からその生産地や丁寧な手仕事に想いを馳せ、焙煎する時間を楽しみ、目の前の1杯を感謝しながら味わう、楽しく美味しく心と身体と地球に優しいサステナブルな「スペシャリティ珈琲生豆と焙煎器のある暮らし」をおすすめします。
また、自家焙煎器は説明書や動画をご覧になればどなたでも簡単に始められますが、珈琲焙煎を実際に見てみたい・体験したいという方のために『ちょこっとお話し会 “自家焙煎珈琲のススメ” 』もございますのでご活用ください。

ちょこっとお話し会「自家焙煎珈琲のススメ
と き:リクエストにより随時
場 所:Mauruuru fare
参加費:¥2000(テキスト、自家焙煎珈琲&茶菓子、焙煎珈琲豆のお土産つき)
お申込:LINE または お申込みフォーム

*お話し会はfare open dayやLesson後なども開催できますのでお気軽にお問い合わせ下さい。

自家焙煎器《煎り上手》¥7500
 Size:幅10cm、高さ6.5cm、長さ32cm、重量240g
 本体:アルミニウム(表面アルマイト処理)、柄:天然木

自家焙煎器《煎り上手》+ 珈琲生豆(300g×2)セット ¥9800
焙煎器と珈琲生豆2種のお得なセットです。

家庭で簡単に珈琲の焙煎ができるよう開発設計された焙煎器です。
底の凸起になっている構造により軽く左右に振るだけで内部で豆が回転して均一に火が通ります。
また、焙煎に最適な220℃の温度になるように空気の通り道なども設けられています。
簡単に分解してすべて水洗いできるのも嬉しいところ。酸化した油脂が内部に残らないのでいつでも清潔で新鮮な焙煎豆に仕上がります。焙煎方法は動画をご覧ください。

スペシャリティ珈琲生豆 300g
スペシャリティ珈琲生豆は、きちんと管理された農園で無農薬で育てられたコーヒーチェリーを丁寧に手摘みし、選別・審査通過した上質な豆です。Mauruuru fareでは、全日本珈琲検定委員会(JCQA)鑑定士が産地・品種・栽培・製造方法を厳選してフェアトレードにて買い取ったトレーサビィティ・サステナブルな珈琲生豆のみを販売しています。
ただいまの珈琲生豆はこちら♩

お求めは

Mauruuru fare 
Mauruuru fare Online store