ゆずと酒粕

ワタシノセッケン 【ゆずと酒粕】

もう15年作り続けている我が家の定番の冬の石けんです。
嫁いだ家の裏庭に見上げる程の大きな柚子の木がありました。
その柚子が色づく同じ頃、ご近所の酒蔵の新酒の酒粕が出来上がるのが楽しみでした。
柚子も酒粕も大好きな私は、案の定石けんに閉じ込めたくなったのです。
幼い娘を喜ばせたくて、ちょこんと可愛い柚子達をお行儀良く並ばせたのでした。
もちろん娘は大喜びで、
「可愛い💕私が一番に使う!」
なんて言ってくれたのがついこないだのようです。
庭の柚子が色づき始め、新酒の酒粕が出回り始めると、今年も早くこの石けんを仕込みたくてソワソワしてきますが、いえいえ、まだ早い!じっと我慢の子です。
寒さが身に染みる程の冬が到来するのを待ってから作る方が断然素晴らしい仕上がりになります。

冬には冬の石けんを。 
今年も「おぉ、寒っ!」を合言葉にこの石けんを仕込みました^^

【ゆずと酒粕】Lessonご案内はTopページへ